家政婦と家事代行

未分類

家事代行家事代行は比較的に新しい事業です。少し前からある仕事だと家政婦がありますが、家政婦と家事代行サービスは似ているようで違う部分があります。家政婦の場合だと家政婦を紹介するサービスがあり、登録をすると家政婦を雇いたい方が個人で契約をします。利用者と直接雇用をするので、個人と個人でのやりとりになります。家政婦の場合は利用者との相性が合えばベストですが、家事をしている最中に破損してしまうなどトラブルが起きたときは個人でやりとりをする流れになります。家事代行の場合は働く方はサービス会社と契約をして、利用者もサービス会社の契約するのでトラブルが起きたときはサービス会社が仲介するので安心感はあります。

家事代行はハウスクリーニングと比較されることもあります。ハウスクリーニングは年末の大掃除のような普段では落とせない汚れなどに対応することが一般的です。ハウスクリーニングだと専門的な掃除になるので1回のサービスに料金が発生しますが、家事代行の場合は時間給で支払われるのが一般的です。認証事業者の場合だと研修制度も整っているので、決まったフォーマットで仕事ができる安心感はあります。整理収納アドバイザーなどの資格制度も整っています。