家事代行の勤務や待遇

未分類

家事代行求人で選ぶ場合、給与的な部分で待遇が良いのも条件になりますが、研修制度や勤務態勢が柔軟なのも大切になります。子育てをしていて平日5日勤務は難しい状態だけど、週2~3日勤務したいと考えた場合、柔軟に勤務時間が選べると長く働くことができます午前・午後だけといった半日での勤務や曜日を指定での勤務だったりと家事代行サービスの求人だと柔軟に対応してくれる会社はあります。初めての方も多く研修制度や、初めて仕事をする時も補佐として参加できる体制もあるので、個人宅に入るのも緊張はしますが、初めての方にも安心して仕事ができる体制もあります。

チェックある程度の研修や体制ができているかの会社の指標として認証事業者であるかは目安にはなります。全国家事代行サービス協会のホームページをチェックすると認証事業者を一覧でチェックできます。認証事業者でなくても協会に入会している会社はたくさんありますので、最寄りの事業者をチェックすることもできます。交通費についても全額支給の業者もありますし、直行して直帰なので会社に戻らなくても良い業者もあります。掃除の基本などを研修制度などで勉強できるので、普段の家事にも応用できるので、生活の知恵をたくさん吸収することもできます。

家政婦と家事代行

未分類

家事代行家事代行は比較的に新しい事業です。少し前からある仕事だと家政婦がありますが、家政婦と家事代行サービスは似ているようで違う部分があります。家政婦の場合だと家政婦を紹介するサービスがあり、登録をすると家政婦を雇いたい方が個人で契約をします。利用者と直接雇用をするので、個人と個人でのやりとりになります。家政婦の場合は利用者との相性が合えばベストですが、家事をしている最中に破損してしまうなどトラブルが起きたときは個人でやりとりをする流れになります。家事代行の場合は働く方はサービス会社と契約をして、利用者もサービス会社の契約するのでトラブルが起きたときはサービス会社が仲介するので安心感はあります。

家事代行はハウスクリーニングと比較されることもあります。ハウスクリーニングは年末の大掃除のような普段では落とせない汚れなどに対応することが一般的です。ハウスクリーニングだと専門的な掃除になるので1回のサービスに料金が発生しますが、家事代行の場合は時間給で支払われるのが一般的です。認証事業者の場合だと研修制度も整っているので、決まったフォーマットで仕事ができる安心感はあります。整理収納アドバイザーなどの資格制度も整っています。

家事代行の認証事業者

未分類

家事代行は生活の環境の変化によって仕事としてもニーズが高まっている業種です。利用したいと考えている方が増えている一方で、仕事して家事代行をする環境も整っています。家事代行の仕事は、利用してくれるお客様に代わって家事を代行する仕事なので、主婦の方であれば自宅でやっていることを、そのまま仕事にできる敷居の低さはあります。個人の家に伺って家事代行をするので、店舗で働くような仕事とは違い、ちょっと分かりづらい部分もあります。普段からしている家事を仕事としてする違いはどういったものがあるのかを不安に感じてしまう方もいるかもしれません。

全国家事代行サービス協会家事代行サービスはニーズが高まっているのでサービスを提供している業者もたくさんあります。提供している業者の公式サイトにアクセスすると求人募集をしているので気軽に申し込むことはできます。仕事として家事代行をする際に、どの会社に申し込みをするかは判断が分からない部分もあります。家事代行は比較的新しい仕事なので、求人の体制なども最近になって整っている状況です。仕事を選ぶ基準として団体や公共機関が認定している業種を選ぶ方法があります。家事代行については一般社団法人全国家事代行サービス協会があり、協会では認証制度を行っています。全国家事代行サービス協会と経済産業省のJSA(日本規格協会)が主導になって認定制度を作っており、信頼性などを向上する動きもあります。個人情報の管理体制や働く方の研修の基準などを定めており、利用者にとっても求人選びとしても参考になります。